イオンカードとは?

イオンカード各種を徹底攻略

イオンSuicaカード

電子マネーSuicaが一体になったクレジットカード!イオンSuicaカードは海外旅行保険が自動付帯

更新日:

イオンが発行するクレジットカードの中に、イオンSuicaカードというクレジットカードがあります。

その名の通りイオンカードに、電子マネーの「Suica」がくっついたクレジットカードです。

イオンSuicaカードのようにWAONは付いていません。

WAONではなく、電子マネーSuicaが付いています。

イオンSuicaカードに並び人気のクレジットカードとなっています。

イオンで良くお買い物をされる方、またはSuicaを利用する方であれば、持っておいて損のないクレジットカードです。

では、このイオンSuicaカード!どんな魅力がつまったカードなんでしょうか。

今日はイオンSuicaカードの魅力を徹底解剖したいと思います。

目次

イオンSuicaカードとは

イオンが発行するクレジットカードの中でもSuicaユーザーに1番人気のあるカードになります。

Suicaとは、日本全国の鉄道、バス、お買い物などでご利用いただけるJR東日本のICカードのことです。

交通系のICカードが増える中、日本を代表する電子マネーで万人に人気があります。

イオンSuicaカードの魅力

Suica(電子マネー)に交換できる


イオンSuicaカードを使ってたまった「ときめきポイント」は「suica電子マネー」に交換可能です。

これはイオンSuicaカード特有のメリットです。

他のイオンカードは、Suicaに交換することはできません。

イオングループでお買い物すると、いつでも「ときめきポイント」が2倍!


イオングループとは、イオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュ、まいばすけっと、ミニストップなど

このイオングループでお買物をすると、イオングループで利用可能な「ときめきポイント」が2倍たまります。

毎月20・30日の「お客さま感謝デー」は お買い物代金が5%OFF


現金でお買物をすると「お客さま感謝デー」の対象にはなりませんが、イオンSuicaカードを使うと「お客さま感謝デー」の対象となり、20日、30日は5%オフでお買物することができます。

毎月15日「G.G感謝デー」は5%OFF


55歳以上の会員限定で、毎月15日は5%オフになります。

こちらもイオングループが対象になり、イオンSuicaカードを提示、または利用することで5%オフになります!

毎月10日「ときめきWポイントデー」はときめきポイントが2倍!


毎月10日はイオンマークのカードのクレジットご利用で、ときめきポイントが2倍になります。

駅や旅のサービスが充実

イオンSuicaカードなら、JR東日本の窓口ではサインレスに、時間のない時でもスピーディーにきっぷや商品が購入できます。

イオンカードの他には無い特典にとして下記のようなサービスがあげられます。

旅のサービス

インターネットで、特急や新幹線の指定席の予約が可能。

ホテルでの割引サービス
JR東日本ホテルズ等の割引サービスが利用可能。
駅レンタカー
「イオンSuicaカード」を提示すると、「レール&レンタカーきっぷ」ご利用時と同額料金で利用可能。
オートチャージで入金の手間いらず!
イオンSuicaカードの、Suicaのチャージ残額が、一定金額以下になると、自動改札機にタッチして入場する際に、自動的にクレジット決済でSuica部分にチャージされます。

オートチャージを利用すれば、駅の改札で止められることなくスイスイ移動できます。

モバイルSuicaの登録をすれば携帯が定期券に!

イオンSuicaカードでモバイルSuicaに登録すると、携帯電話を定期券として使うことができます。

携帯で改札のICにタッチして改札を通ることができます。

イオンSuicaカードのスペック

イオンSuicaカードの年会費


イオンSuicaカードの年会費は無料になります。

無料なら持っておいても損はないですし、家計の負担になることはないですね。

主婦にとって、年会費が無料であることは必須条件だと思います。

電子マネーSuicaが使えて年会費無料はオイシイですよね。

イオンSuicaカードの国際ブランド

イオンSuicaカードの国際ブランドは、VISA,Mastercard,JCBから選択できます。

VISAは世界中で、もっとも利用できる店舗数が多いので、迷ったら「VISA」を選択しておけば間違いないと思います。

イオンSuicaカードの還元率

イオンSuicaカードの還元率は0.5%です。

公共料金や、携帯代金の支払いで利用料金の0.5%のポイントがたまります。

積極的に利用すれば、どんどんポイントがたまる仕組みですね。

たまるポイントはときめきポイントです。Suicaの入金が直接たまるわけではありません。

イオンSuicaカードの家族カード

イオンSuicaカードは家族カードを発行できません。

私が唯一、イオンSuicaカードのデメリットだと思っている所です。

でも、年会費は無料なので、イオンSuicaカードが欲しい方は、家族別々で申し込むようにしましょう。

イオンSuicaカードのETCカード

イオンSuicaカードのETCカードは、発行手数料も、年会費もかかりません。

発行手数料や、年会費がかかるETCカードがある中で、無料は嬉しいですね。

イオンETCカードの利用でポイントがたまるほか、「車両損傷お見舞金制度」も付いているので、万が一ゲートに車をぶつけた時でも安心です。

イオンSuicaカードの旅行保険

イオンSuicaカードには、他のクレジットカードと違い、凄く大きなメリットがあります。

イオンSuicaカードは、年会費無料でありながら、最大500万円の海外旅行保険が自動で付帯します。

年会費無料で、海外旅行保険が自動で付帯するクレジットカードは他にあまりありません。

非常に希少なクレジットカードです。

自動で保険が付帯するので、持ってるだけで保険が適用されることになります。

海外旅行のさいには、財布の中に入れておきたいですね。

さらにイオンSuicaカードには最高1,000万円の国内旅行保険も付帯します。

自動付帯ではなく、利用付帯となりますが、イオンカードの中でも国内保険が付帯するカードは珍しいです。

これがイオンSuicaカードが人気たる所以です。

 

ショッピングセーフティ保険


イオンSuicaカードには、さらにショッピングセーフティ保険も付いています。

イオンカードのクレジット決済を利用して購入した商品(1品5,000円以上)が、万が一壊れたり盗難に遭ってしまっても安心です。

イオンSuicaカードには購入日から180日間、年間限度額50万まで、商品を補償するショッピングセーフティ保険が付いています。

電子マネーSuicaで購入した商品に関しては補償がおりないので注意してください。

あくまで、クレジットカードの支払い分にのみ適用されます。

カード盗難保障無料付帯


旅行保険は付帯しませんが、カード盗難保障無料付帯は付いています。

もし、クレジットカードを盗まれてしまった場合や、不正に利用されてしまった場合は、ちゃんと補償がおりるようになっています。

現金はなくすと補償がありませんが、クレジットカードならちゃんと補償があるので安心してください。

イオンSuicaカードの電子マネー

その名の通り、電子マネーSuicaが利用できます。

電子マネーSuicaは、JR東日本だけでなく全国で利用できるように幅を広げています。全国的に利用できるのも時間の問題です。

他にも、NTTドコモのケータイをお持ちの方なら『イオンiD』を利用することもできます。

iDなら、Suicaよりも使える店舗数が多いですし、積極的に使うことができます。

イオンiDを利用した分は、毎月のイオンクレジットカード利用料金と一緒に請求されます。

イオンSuicaカード利用でたまるポイント

イオンSuicaカードを使うと、ときめきポイントがたまります。

たまった、ときめきポイントはSuicaに交換することが可能です。

ときめきポイントをSuicaに交換することができるのは、イオンSuicaカードだけ!

Suicaチャージは1,000ポイント(1,000円分)単位での交換となります。
(ときめきポイント 1,000ポイント ⇒ Suica1,000円分)

Suicaへの入金(チャージ)は駅構内の「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」をご利用ください。

イオンSuicaカードの支払い方法


支払いは分割払い、リボ払いから選択できます。

分割払いは3回払いから手数料が発生します。

分割払いで手数料を払いたくない人は、2回払いまでで抑えておきましょう。

カード利用の締日は毎月10日。

支払日は翌月の2日になります。

イオンSuicaカードのapple pay

イオンSuicaカードはapple payに対応しています。

iphone7ユーザーなら、apple payに登録してキャッシュレスな生活を送ることができます。

レジでわざわざ小銭を出したりすることがないので、便利ですね!

Suicaと連動させると、支払いがますます便利になります。

イオンSuicaカードの特典

映画鑑賞割引


イオンカードを利用すると、イオンシネマの一般通常料金が各300円引きになります。

毎月20日・30日のお客さま感謝デーは映画料金1,100円に!

※同伴の方(大人1名さままで)も対象

富士急ハイランド

富士急ハイランドを優待特別価格で利用可能。

鴨川シ―ワールド

鴨川シ―ワールドの入園料⇒大人2,650円/小人1,330円二なります。

スパリゾートハワイアンズ

スパリゾートハワイアンズの入場料金が10%OFFになります。

東京サマーランド

東京サマーランドを優待特別価格で利用可能。

SPA&HOTEL 舞浜ユーラシア

SPA&HOTEL舞浜ユーラシアが通常の入館料より310円引きに!

箱根小涌園ユネッサン

箱根小涌園ユネッサンが優待特別価格で利用可能。

レストランカラオケ・シダックス

レストランカラオケ・シダックスの通常ルーム料金が20%OFF。

カラオケ ビッグエコー

カラオケビッグエコーが一般室料より30%OFF

湊一や

湊一やの飲食代が10%OFF

釜飯と串焼 とりでん

釜飯と串焼とりでんで、4,000円以上の飲食で500円値引きに!

ニッポンレンタカー

ニッポンレンタカーの基本料金が約5%OFFに!

オリックスレンタカー

オリックスレンタカーの基本料金が15~50%OFF!

イオンワールドデスク

イオンカードを保有していると、世界15ヶ国24ヶ所イオンワールドデスクが利用できます。

インフォメーションサービスや、リザーベーションサービスを利用できます。

イオンSuicaカードの基本スペックまとめ

イオングループ以外にも利用できるイオンSuicaカード。

なんといっても最大の特徴は「海外保険が自動で付帯」することでしょう!

海外保険が、年会費無料で、さらに自動付帯するクレジットカードって本当に希少なんですよ!

イオングループで使え、交通系電子マネーとしても利用でき、さらに海外・国内旅行にも使える「イオンSuicaカード」

ぶっちゃけ、私はイオングループのカードの中から1枚選んでくださいと言われたら、間違いなく「イオンSuicaカード」を選びます。

だって…そのくらいお得なんですから!!

以上、「電子マネーSuicaが一体になったクレジットカード!」でした。

Suica一体型イオンカード【イオンSuicaカード】比較・メリット・口コミ

-イオンSuicaカード

Copyright© イオンカード各種を徹底攻略 , 2017 AllRights Reserved.